TOP
mona
evenana slide

2019年11月10日

皇后陛下の涙

昨夜は、天皇陛下御即位の国民祭典を途中から観ました。
嵐の登場よりも前だったのは幸いです。
終始、にこやかな表情だった両陛下です。

嵐が歌い出した時に、皇后陛下のお顔に涙が光ったのを見たのは、大袈裟に言えば衝撃でした。
皇族と言うお立場の方達の涙を見たのは初めてです。
とても親近感を覚える涙でした。

子供の頃や若い時には、天皇と言う存在はあまりにも遠くて、無関心でした。
歳を取るに連れ、天皇がいる国に生まれたことを誇りに思えるようになりました。
天皇の存在は、やはりどこかで何かしらの国民の拠り所であるような気がしています。

何年も前に、英会話のレッスンでニュージーランドの若い先生に、天皇陛下ってどんな存在なのかと聞かれたことがあります。
現在の上皇上皇后両陛下の時です。

少し考えてから、「mother and father」と答えました。
被災地で、上皇上皇后両陛下が手を取って慰めている姿などは、正にそんな存在では無いかと思えます。

テレビでは万歳三唱のシーンです。
嵐のメンバーも万歳。
私もテレビの前で万歳。
陛下の即位を、素直に喜びたいと思いました。


夜に入ると、一段とひんやりして来ます。
IMG_0245.jpg

ニコにも温かい毛布を用意します。
IMG_0248.jpg
posted by Madame Zelda at 20:09| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする