TOP
mona
evenana slide

2020年07月25日

三浦春馬くんの笑顔

春馬くんの死から、ちょうど1週間が経ちました。
まだ私たちの痛みは消えないままです。
それどころか、彼の才能や人柄を知るにあたり、喪失感は増すばかりです。

「世界は欲しいモノにあふれてる」では、初めて彼の魅力に気付きました。
透明感のある美しさと笑顔と、JUJUとのやりとりでそれとなく気遣いを見せる人柄にも魅了されました。
それが、今、全部、過去形です。

不思議なほど、誰もが彼のことを好青年、優しい、気遣う人だと表現します。
悪く言う記事は見当たりません。
こんな人がいるのかと、驚くばかりです。

誰しも、嫌な面は見えてくるものです。
人の性格は光と影が交差するように思います。
なのに、彼に見えてくるのは、光ばかり。
彼の影はどこにあったのでしょう。

彼が死んでから、私は一層の大ファンになりました。
遅すぎました。

世界に羽ばたけるだけの力があったのに、残念でなりません。
これから、彼のような人が現れるでしょうか。
唯一無二の人でした。


お昼、残り物の蒸し魚でチャーハンを作りました。
IMG_5513.jpg

連休に、ボーッとしているのもつまらなくて、ケーキを作ります。
柚子とくるみのケーキです。
IMG_5516.jpg

何か美味しい物を食べていないかと、監視します。
IMG_5526.jpg

足の指が痒くて困ります。
気長に薬を塗らなければなりません。
IMG_5530.jpg
posted by Madame Zelda at 19:48| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする