TOP
mona
evenana slide

2013年06月17日

分かれ道

月曜日は叔母がスイミングから少し早く帰ってくるので、時間に合わせて迎えに行きます。
まだ太陽はガンガン照りつけている時間帯です。

叔母に迎えの連絡を入れると、「ふぁ〜い。」と憂鬱そうな声で答えます。
車に乗り込んだ叔母に、「すごく嬉しそうな返事だったね。」と言うと、今からおやつを食べようとしたところだったのだそうです。
それを諦めて、叔母は家を出なければなりませんでした。

可哀想な叔母にヨーグルトのビンを差し出し、元気を付けて貰います。
「生き返った〜♪」と言う叔母。
簡単なご褒美でした。

森の中に入った途端、3匹の犬達に出会います。
抱いている腕の中から吠えるのはニコです。
目が見えないのに、流石にダックスの鼻は良いようです。
小さな体で、頑張って守っているつもりなのでしょう。
残念なのは、腕に抱かれていること。

散歩のコースで、モナが選ぶ分かれ道が2箇所あります。
同じ方を続けて選んだり、かと思えば、目は別の道を見ているのにもう片方を選んだりします。
叔母とは、「今日はこっちだってよ。」と目配せします。
私達には、どういう基準なのか分かりません。
モナにとっては、ちゃんとした理由があるのでしょうか。
いつか、そっと私に教えて欲しいものです。

この暑さに負けないように、ダンス・スタジオへ向かいます。
気分を奮い立たせないと、しおれそうになる蒸し暑さです。
なかなかフルメンバーは揃いませんが、振り付けも真ん中近くまで来たように思います。
インストラクターのフミちゃんによると、1つの曲で仕上げるようです。
ノリノリの曲なので、最後まで笑って踊りたいものです。

「スワレ」の言葉に、「ハイッ!」と座るモナ。
P1240403.jpg

モナ:ニコもちゃんと座らないとダメよ。
ニコ:座ったら、良い事ある?
P1240405.jpg

ワタシ:クッキーあげる♪
P1240409.jpg

ほぉ〜、可愛く撮れました♪
P1240423.jpg
posted by Madame Zelda at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック