TOP
mona
evenana slide

2014年07月26日

真夏日の暖房

エイっと気合を入れて、衣類の整理をします。
タンスの中には、昔々、エアロビクスで着ていたトップスなどもあります。
何年も着ていないTシャツも、なぜか捨てられないままです。

勿体無いと思って置いてある服を、捨てることにしました。
一昨年も去年も着なかった服は、この先、絶対に着ることは無いのです。
それなのに、どこも傷んでいないと捨てられません。
それが、服の整理の邪魔をしていくのです。

心を鬼にして(?)、バッサバッサと袋に詰めて行きました。
お陰でタンスの中は、余裕が出来たではありませんか。
ただ、グレーゾーンの服はまだ残してあります。
きっとこれも、結局は捨てる運命なのでしょう。

暑い時のアイロン掛けは、考えるだけでもうんざりします。
私のシャツ、そして暑くなったので、夫のハンカチも溜まっています。

エアコンを掛けて、快適な温度になってから、アイロン掛けをするつもりでしました。
しばらくして、部屋に入ると、全然、涼しくなっていません。
リモコンを改めて見ると、なんと暖房になっているではありませんか。
暑さボケでしょうか。

今日のニコは、ほとんど歩く気の無い散歩でした。
P1360280.jpg

しばらく暑い日が続くのでしょうか。
P1360284.jpg

暑くても、モナとニコの食欲はバッチリです。
P1360304.jpg
posted by Madame Zelda at 21:18| Comment(1) | TrackBack(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。不用品をもったいなくて捨てられない気持ちにとても共感します(^_^)/
それで、いきなりですが、不用品をバザー品として送れる場所をお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』で、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。売り上げ金は、主に障害者福祉(被災地の障害者支援を含む)に使われています。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。
バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたいので(^^)
Posted by せきぐち at 2014年08月02日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック