TOP
mona
evenana slide

2018年10月21日

子供達との戦い

散歩から帰宅して、デッキの床に落ちている砂利を見つけます。
お隣の子供たちのいたずらです。
貸家が出来て、お隣さんが引っ越してからと言うもの、私と子供達の小さな戦いが始まりました。

以前にも、砂利を投げ入れたり、靴やボールがいくつも入ったりして、子供達のお母さんが謝りに来たことがありました。
それにしても、砂利を投げると言う行為には驚いたものです。

それ以降も、ボールは度々、投げ込まれます。
いつになったら取りに来るかと、そのままにして置きました。

今日になって、デッキには砂利、そして、いくつもあったボールが一つもありません。
どうしたのかと、遊んでいる子供達に聞くと、網で取った言います。
私のどこかの糸がプチっと切れました。

お隣に行き、出てきた母親に、状況を説明します。
すみませんと謝るものの、どこか心に響いて来ません。
謝り慣れてしまったのかと思いました。

すると、しばらくして、玄関のチャイムが鳴りました。
両親と子供二人が門の前に立っています。
謝りに来たのでした。

私も、いけないことはいけないのだと諭します。
砂利を投げるのは危険であることや、他人の庭に網を使ってボールを取るのは、他の物だって取ってしまう可能性があります。
これは泥棒です。

子供達が小さな声で謝ります。
はっきり言うようにと両親から促されます。

これからは、私の顔を見たら、挨拶するようにと要望を出しました。
互いに声を掛け合い挨拶すると、見知らぬ人では無くなります。
私とこの小さな子供達との関係が、これから少し近くなるのでしょうか。


今日の市民の森は家族連れで賑わっていました。
IMG_8005.jpg


ニコも久しぶりに夫に抱かれての散歩でした。
IMG_8003.jpg
posted by Madame Zelda at 18:12| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: