TOP
mona
evenana slide

2019年04月02日

昭和のラーメン屋さん

たまに町の中心部まで、家から歩いていくことがあります。
とあるラーメン店の前を通ると、おばあさんらしき人がカウンターの中にいるのが見えました。
昔ながらのラーメン屋さんの雰囲気に惹かれます。

不在者投票に行く前に、このラーメン屋さんに行くことにしました。
初めての店は勇気がいります。

いざ、お店に入ってみると、お客さんの多さにびっくり。
座っていると、次から次へと客が入って来ます。
満席になったと思った時、この店には奥の手がありました。
引き戸の扉が開き、この店の住宅部分らしき座敷に客を通します。

今度はその奥から、この家のお孫さんらしき若い男性がリュックを背負って店を出て行きます。
客が座っている座敷を通り抜けての外出です。
この家の人にとっては、日常のことなのでしょう。

店内に電話が鳴ります。
おじいさんが取った電話は、ピンクの公衆電話です。
久しぶりに見ました。
本当に昭和の匂いがプンプンするラーメン店です。

お店の中は満席です。
諦めて帰る人もいます。
カウンターの中では、老夫婦に娘さんかお嫁さんらしき三人が鍋を振るっています。
横で食べている人の焼きめしも美味しそうです。

目の前に置かれたチャーシューメンは、私好みの細麺です。
スープは脂がギトギトと浮いていません。
チャーシューもとても美味しくて、大満足でした。

でも、夫と私、これからは普通のラーメンで充分。
チャーシューメンは、私たちには量が多すぎました。


分かれ道、どっちへ行く?
IMG_1487.jpg

風で落ち葉も花びらも散っている散歩道です。
IMG_1493.jpg

穏やかな午後です。
IMG_1503.jpg
posted by Madame Zelda at 19:34| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: