TOP
mona
evenana slide

2019年12月17日

心配性

自分の体に異常を感じると、すぐに重大な病気だと思ってしまうタイプです。
それは段々と雪だるまみたいに大きな塊となって、私の心を支配します。

しまいには、病院に行ったら、絶対に宣告される。
モナとニコをどうしよう。
ダンスも続けられない。
これからの生活設計もおじゃんだ。

止まるところを知らず、黒い不安は頭の中で増加する一方です。
今朝は、早速、病院に予約を入れ、午後から行くことになりました。

待合室にいる間も、いつもより心拍数が上がっているのでは無いかと思います。
血圧だって、絶対、上がってるに決まってます。

1時間ちょっと待って、やっと診察に呼ばれます。
症状を先生に告げ、内診して貰います。

「どこも、何にも無いよ。」と先生。
「へ?ほんとですか?」と私。
「うん、な〜んにもないない!」と先生。

先生に、気が抜けて脱力ですと言うと、先生が笑います。
診察室を出る私を見て、「気をつけて帰りなさいよ」と声をかけて貰いました。
行く時はとことん暗く、帰る時はルンルン元気いっぱいの帰宅です。


おっちょこちょいの飼い主を持ったモナとニコです。
IMG_0901.jpg

飼い主の健康は、この子たちにとっての責任です。
IMG_0912.jpg

今日は遅い散歩になりました。
IMG_0914.jpg
posted by Madame Zelda at 18:53| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: